牛肉

私達が健康で若々しい生活を維持していくために必要不可欠成分であるアミノ酸。黒酢にも通常の酢の10倍以上たっぷりと含まれていると言われています。
では、このアミノ酸とはどのような成分なのでしょうか。気になるアミノ酸を詳しく見ていきましょう。

 

アミノ酸とは

 

黒酢に豊富に含まれているアミノ酸。アミノ酸とはいったいどのような成分なのでしょうか。アミノ酸はタンパク質構成成分のひとつ。私達の体中のいたる所に存在しています。

 

アミノ酸は数百種類存在すると言われていますが、私達の体に関係するアミノ酸は全部で20種類。この20種類のうち9種類が必須アミノ酸と呼ばれ、体内合成出来ないアミノ酸を指しています。

必須アミノ酸・・・バリン・ロイシン・イソロイシン・スレオニン・メチオニン・リジン・ヒスチジン・フェニルアラニン・トリプトファン

残りの11種類を非必須アミノ酸と呼んでいます。非必須アミノ酸は体内合成出来るものですが、その合成量は年齢と共に低下していくため、非必須アミノ酸もしっかりと摂取しなければならないと言われています。

非必須アミノ酸・・・グリシン・アラニン・セリン・アスパラギン酸・グルタミン酸・アスパラギン・グルタミン・アルギニン・システイン・チロシン・プロリン

 

アミノ酸の特徴として、どれかひとつ特化した成分があったとしても、さほど効果を発揮しないということが挙げられます。要するにどれか一つだけたくさん摂取しても、その他のアミノ酸のつながりやサポートがなければ十分な効果を得られないということです。そのため、必須アミノ酸、非必須アミノ酸ともにバランス良く摂取する必要があります。

 

このアミノ酸の構成バランスをチェックするひとつの方法としてアミノ酸スコアと呼ばれるものがあります。アミノ酸スコアが100であればとても良いバランスであり、逆に0であれば全くもってダメだということになります。

 

アミノ酸のさまざまな効果と働き

 

アミノ酸にはさまざまな効果と働きがあります。一番大きな効果と言われているものが疲労回復効果。私達の体は疲れると疲労物質乳酸が分泌します。この乳酸が筋肉などに溜まったままになるとなかなか疲れが取れないということになるのです。

 

アミノ酸はこのような疲労物質である乳酸を分解、体から追いだしてくれる働きを持っています。アミノ酸を豊富に摂取すると疲れにくいというのはこのためです。

 

また美肌効果にも長けています。肌の潤いは天然保湿成分であるNMFによって決まります。お使いのスキンケア製品にもNMF配合と書かれたものが多くあることでしょう。アミノ酸はこのNMFを生成する原料となることで、肌を潤わせる効果があるのです。またコラーゲンの原料でもあるため、アンチエイジング効果も期待できます。

 

コラーゲンもタンパク質で出来ています。そのため、タンパク質の構成成分であるアミノ酸をしっかりと補給することで、コラーゲンの生成をサポートすることになるのです。

 

そして注目のダイエット効果。黒酢に含まれる酢酸は、体内へ摂りこまれるとクエン酸へと変化します。クエン酸はクエン酸サイクルと呼ばれるエネルギー代謝回路を体内で形成し、エネルギーを消費させることで、痩せやすい体作りのサポートをしてくれます。そのクエン酸サイクルをしっかりとスムーズに動かすためにはアミノ酸のサポートが必要になってきます。

 

黒酢以外にアミノ酸を多く含む食材とは

 

黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれています。通常私達が使っている穀物酢などに比べるとその含有量は10倍にも及ぶと言われています。では黒酢以外に他にどのような食材に多く含まれているのでしょうか。

 

アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸のバランスにより、アミノ酸スコアなる点数を付けることが出来ます。毎日の生活の中で、出来るだけアミノ酸の効果を有効に摂取したい場合は、アミノ酸スコアの高い食材を選べばOK。アミノ酸は動物性タンパク質に多く含まれています。

 

アミノ酸スコアがどうしてこれだけ大切かというと、アミノ酸は必須アミノ酸、非必須アミノ酸含め、すべてのアミノ酸がバランス良く含まれていないと効率良く効果を発揮できないからです。アミノ酸は何かの成分に特化していてもその効果を十分に発揮できず、その他のアミノ酸のサポートによってより良く働いてくれる、そんな性質を持っています。そのため上位は動物性のものが多く見られます。

100点の食品・・・青魚・卵・牛乳・鶏肉・豚肉・牛肉など

90点の食品・・・ベーコン・魚介類・チーズ・そばなど

 

これ以下になると植物性のものもランクインしてきます。

80点の食品・・・大豆・昆布・さつまいも・キウイなど

70点の食品・・・はとうもろこし・イカ・エビ・しいたけなど

このようにさまざまな食材にアミノ酸スコアが付けられています。このスコアをもとにメニューを考えると、効率良くアミノ酸を摂取することが出来ます。