酢と言えば、料理に使うことがとても多い調味料。私達日本人にも身近なアイテムであり、さっぱりとした味付けに人気です。酢にはさまざまな種類がありますが、中でも黒酢は酢初心者にはおすすめしたいナンバーワン。その秘密とはどのようなものなのでしょうか。

黒酢ってなんだろう

 

健康にとても良いとされる黒酢。黒酢を使用したさまざまな食品やサプリメントなども豊富に発売されており、健康や美に関心のある人を中心に、とても人気のある食材です。

 

ですが、黒酢とはどのような食材であるかを聞かれると、なかなか説明出来そうにありません。調味料の中でも、最も古く歴史があると言われる酢の中でも、特に注目を集めている黒酢とはどのような食材なのでしょうか。

 

黒酢は酢初心者にとって一番おすすめしやすいと言われる理由のひとつに、味の違いがあります。酢が独特の匂いや味を持っているのは有名で、なかなか飲みにくいものだという認識がありますが、黒酢は酢の中でも飲みやすくまろやかな口あたりだと言われています。

 

黒酢には黒酢と言われるための定義があり、その定義をクリアしていないと黒酢とは呼ばないというルール。

黒酢とは穀物酢のうち原材料として米(玄米のぬか層の全部を取り除いて精白したものを除く)又はこれに小麦若しくは大麦を加えたもののみを使用したもので、米の使用量が穀物酢1Lにつき180g以上であって、かつ発酵及び熟成によって褐色又は黒褐色に着色したもの

 

このように農林水産省によって定められています。このような厳密な規格により、黒酢はあのまろやかな味や、独特の色を醸し出しているのです。さまざまな酢の中でもとても使いやすいため、料理などの際は、通常の酢と同じように使用すればOK

 

アミノ酸クエン酸を豊富に含み、疲労回復に特に効果を発揮すると言われていますが、他の酢と比べても、そのアミノ酸の含有量がとても多いことでも知られています。通常の穀物酢の10倍以上のアミノ酸が含まれている場合もあります。

 

黒酢の効果とは

 

黒酢

酢は健康、そして美容に良い食材だと言われていますが、中でも黒酢はとても高い健康効果を持っていると言われています。黒酢の健康効果・美容効果とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず黒酢の健康効果のひとつとして一番有名な効果として、疲労回復効果が挙げられます。疲れた時、スタミナを付けたいとき、夏バテをしてしまった時などに、酢を使った料理を好んで食べるのは、酢の疲労回復効果が優れているからにほかなりません。

 

黒酢に多く含まれるクエン酸が体内の疲労物質である乳酸を代謝させ、排出させます。それにより、疲れを残さないようにしてくれるのです。またエネルギーの代謝回路であるクエン酸サイクルの働きを活発化し、食事から摂った栄養成分を効率良く代謝させることが出来ると言われています。

 

次に血液サラサラ効果。この効果も黒酢の大きな健康効果のひとつです。さまざまな生活習慣病の原因となるドロドロ血液。血中コレステロール濃度や、血中中性脂肪濃度が高いと血液がドロドロになり、動脈硬化、しいては心筋梗塞や脳梗塞などの、命に関わる重篤な病気を引き起こす原因となってしまいます。黒酢はそんなドロドロ血液をサラサラ血液に変えてくれます。

 

また、女性にとって気になるのが美肌効果。黒酢には美肌効果もあり、特にアンチエイジング効果に長けていると言われています。黒酢にはアンチエイジングに欠かせない強い抗酸化作用と、同じくアンチエイジングに大きく関係している成長ホルモンの分泌を促す働きがあることから、美肌・アンチエイジング効果が高いではないかと言われています。

黒酢商品の参考サイト:黒酢サプリまるごとチェック

 

さまざまな酢の種類

 

黒酢も含まれる酢には、酢とひとくくりにするには難しいほどさまざまな種類があります。私達が普段料理に使用したり、サワードリンクにして飲んだりしている酢を食酢と言います。食酢は醸造酢合成酢に分けられます。

 

  • 醸造酢・・・穀類、果実、野菜、その他の農産物若しくははちみつを原料としたもろみ又はこれにアルコール若しくは砂糖類を加えたものを酢酸発酵させた液体調味料であって、かつ、氷酢酸又は酢酸を使用していないもの
  • 合成酢・・・氷酢酸又は酢酸の希釈液に、砂糖類、酸味料、調味料(アミノ酸等)、食塩等を加えた液体調味料であって、かつ、不揮発酸、全糖又は全窒素の含有率が、それぞれ1.0%、10.0%又は0.2%未満のもの。又は氷酢酸若しくは酢酸の希釈液に醸造酢を混合したもの

醸造酢はそのなかでも穀物酢と果実酢の2種類に分けられます。

  • 穀物酢・・・醸造酢のうち、原材料として1種又は2種以上の穀類を使用したもの(穀類及び果実以外の農産物並びにはちみつを使用していないものに限る。)で、その使用総量が醸造酢1Lにつき40g以上でのもの
  • 果実酢・・・醸造酢のうち、原材料として1種又は2種以上の果実を使用したもの(穀類及び果実以外の農産物並びにはちみつを使用していないものに限る。)で、その使用総量が醸造酢1Lにつき果実の搾汁として300g以上であるもの

黒酢はこの穀物酢に分類されており、同じ穀物酢の中には米酢や大麦黒酢があります。

  • 米酢・・・穀物酢のうち米の使用量が穀物酢1Lにつき40g以上のものであるもの
  • 大麦黒酢・・・穀物酢のうち、原材料として大麦のみを使用したもので、大麦の使用量が穀物酢1Lにつき180g以上であって、かつ、発酵及び熟成によって褐色又は黒褐色に着色したもの

このように、同じ酢と呼ばれるものでも、使用される原料製造発酵熟成工程に違いがあり、そのため効能や味わいなどにも違いが現れています。